育毛シャンプーでミノキシジルのように薄毛が治るって本当!?

育毛シャンプー?

 

育毛シャンプーという言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

Googleで「育毛シャンプー」と入れて検索するとたくさん出てきます。

「育毛シャンプーランキング」

「シャンプー(育毛)売れ筋ランキング」

「育毛シャンプーおすすめ比較」

「育毛・養毛用シャンプー」

 

実はこれ、薬機法違反の可能性が非常に高いです。

育毛効果のあるシャンプーなんてAGAクリニック以外では売ってませんから。

amazonや楽天にも育毛シャンプーというカテゴリーがありますが、そのうち厚労省や消費者庁から怒られますよ、きっと。

 

この記事では育毛シャンプーについて、根掘り葉掘り書いてみます。

 

育毛シャンプーで薄毛は改善しない

育毛シャンプーとは、誰かの空想上にしか存在しないシャンプーのことです。

だって、存在しないんです。

 

「いやいや育毛シャンプーランキングとかあるじゃない?」

「育毛シャンプーという名前がついているシャンプーを見たことがあるよ」

という反論はごもっともです。

 

実際に育毛シャンプーランキングを掲載しているサイトもありますし、amazonや楽天のカテゴリーにもあります。

しかし知ってほしいのは、誰かが育毛シャンプーと言っていたとしても「それは薄毛を改善するシャンプーではない」ということです。

育毛シャンプーに薄毛を改善する効果が認められている成分は入っていません。

 

例1 楽天市場の育毛シャンプーカテゴリーの販売ランキング1位になっている商品の成分 (2016年10月現在)

ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸、豆乳発酵液、脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸加分解ケラチンK液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキシド液、モノラウリン酸ポリグリセリル、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐アルギニンエチル・DL‐ピロリドンカルボン酸塩、グリセリル‐N‐(2‐メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、ヤシ油脂肪酸N‐メチルエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa、ラウロイルメチル‐β‐アラニンNa液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ニンジンエキス、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス、チンピエキス、1,2‐ペンタンジオール、ローヤルゼリー発酵液、ユニトリエノールT‐27、N‐オクタノイルグリシン、フィトスフィンゴシン、党参抽出物加水分解液、シモツケソウエキス、セイヨウニワトコエキス、水添大豆リン脂質、クリサンテルムインディクム抽出液、酵母エキス‐3、コレステロール、ソルビトール液、ヒアルロン酸Na‐2、水溶性コラーゲン液、ビタミンE、ユーカリ油、ハッカ油、オレンジ油、スペアミント油、BG、グリセリンエチルヘキシルエーテル、濃グリセリン、塩化Na、エタノール、無水エタノール、粘度調整剤、pH調整剤

(あまりにも長いのでフォントを小さくして表示しています)

誰もが知っているあの有名なシャンプーです。サッカー選手や芸人さんが登場するCMもバンバンやってます。

めちゃくちゃたくさんの成分が入っていますが、どこにも発毛効果のある成分は見当たりません。

AGAクリニックと開発したとか、豆乳発酵液という成分が男性ホルモンにアプローチするなどとアピールしていますが、「育毛・発毛に効果がある」とは一言も書いていません。なぜならそれを書いたら薬機法違反で罰金または逮捕だからです。「育毛効果があると消費者が勝手に想像する」ように仕向けた広報活動をしているのです。

 

例2 amazonの育毛・養毛用シャンプーカテゴリーの売れ筋ランキング1位になっている商品の成分 (2016年10月現在)

ピロクトンオラミン、ラウレス硫酸Na、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、メントール、香料、ラウロイルグルタミン酸ジ、ショウキョウエキス、海藻エキス‐5、モノラウリル酸ポリグリセリル、クエン酸、POE水添ヒマシ油、PG、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、パラメトキシケイ皮酸オクチル、無水エタノール、安息香酸Na

こちらも発毛効果のある成分は入っていません。頭皮にうるおいを与え、柔らかくすると書いてあります。こちらも「育毛・発毛に効果がある」とは一言も書いていません。

 

見て頂いたように、育毛シャンプーというカテゴリーにされていても、育毛効果なんてないんです。

もうほとんど詐欺ですよね。

これらのシャンプーを製造販売している会社も、それを支援しているAGAクリニックグループもモラルが低過ぎると言わざるを得ません。

実はこれでもまだマシな方です。

商品名に育毛という言葉を入れたり、育毛効果があるとまでは言ってませんからグレーゾーンではありますがギリギリ合法でしょう。

 

育毛シャンプーに騙された男

もっとヤバい育毛シャンプー

商品名に育毛シャンプーと入れちゃってるものもあります。

さらに育毛効果、薄毛の改善効果を記載しているものもあり、完全に違法行為。非常に悪質です。

 

黒いパッケージの「育毛シャンプー○○ぴんしゃん」 (2016年10月現在)

水・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(ヤシ油)・ラウロイルメチルアラニンNa・BG・ラウラミドDEA・ココイルグルタミン酸Na・ヤシ脂肪酸スクロース・木酢液・酢(黒酢)・炭・褐藻エキス(コンブエキス)・黒砂糖・甘草エキス・ラベンダー油・ダイズエキス・センブリエキス・加水分解シルク・コムギ胚芽油・ゴマ油(黒ゴマ油)・ポリクオタニウム-10・エタノール・フェノキシエタノール

育毛効果があるどころか、逆にオレフィン(C14-16)スルホン酸Naという刺激の強い洗浄成分が主原料になっています。

 

 

ネットで有名な○○○プアップはこんな名前でamazonでは売られています。

「頭皮ケア・育毛に!○○○プアップ(○○○PUP)スカルプケアシャンプー1本【CUシャンプー】(ノンシリコン・オーガニック・アミノ酸系)」 (2016年10月現在)

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドメチルMEA、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、ラウロイルアスパラギン酸Na、セバシン酸ジエチル、グリセリン、メチルグルセス-20、ココイルトレオニンNa、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ココイルグルタミン酸Na、PPG-3カプリリルエーテル、ポリクオタニウム-6、ポリクオタニウム-53、y-ドコサラクトン、サガラメエキス、BG、グルコシルルチン、グルコシルヘスペリジン、レモン果実水、フェノキシエタノール、ポリアミノプロピルビグアニド、クエン酸、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、キュウリ果実エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ラベンダー葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、トウキンセンカ花エキス、グリチルリチン酸2K、ユキノシタエキス、マタタビ果実エキス、ウメ果実エキス、ドクダミエキス、サトザクラ花エキス、アスコルビン酸、リンゴ酸、香料

育毛、スカルプケア、ノンシリコン、オーガニック、アミノ酸系と、とにかく売れそうなワードを商品名に詰め込んでいますね。広告で薄毛改善をうたっていますので完全に違法です。

 

ここまでくると、育毛シャンプーの広告はお笑いネタとして楽しむべきかもしれません。

いろいろなフレーズを考えるものです。逆に感心してしまいます。

「薄毛、ハリ・コシの低下、痒み・フケ、抜け毛、赤みなど… 皆様が抱える様々な、頭皮・頭髪の悩みやトラブル。その改善の手助けに最適」

薄毛を改善すると言っていますので、違法な広告表現ですね。問答無用でアウト。

「この濃密感を、まずはお試し下さいませ。」

濃密感って何でしょう?(笑) シャンプーに濃密感って感じるものでしょうか(笑)

「現在、大変売れて、商品が品薄状態が続いてご迷惑をかけています」

いや、amazonの在庫は結構残ってますよ。

「M字をあきらめない。男の誇りを決して捨てない。」

あきらめてる成分しか入ってませんが…

「育毛成分をグングン飲み込む元気な頭皮へ」

グングン飲み込む頭皮って…モンスターか何かですか?

 

まあ、これらは薬機法の広告表示規定に違反している可能性が限りなく高いので、そのうち販売業者に当局から指導が行くか書類送検がされると思います。

世の中には、そういったリスクまで犯して儲けようとする業者がたくさん存在しています。

私たち消費者はうっかり騙されないようにしなければなりません。

 

詐欺師に騙されて怒る男

 

育毛成分が浸透するには時間が必要

そもそもシャンプーって長くても5分程度で洗い流しますよね。

例えば、発毛効果が認められている医薬品のミノキシジルがシャンプーに入っていたとしても、5分で洗い流してしまえば効果はないでしょう。

ミノシジルのローション(育毛剤)を頭皮に塗った場合は、1時間以上かけてゆっくりと浸透していきます。発毛効果を出すにはそれだけの時間がかかるのです。

発毛成分を頭皮に塗っただけでは効果が薄いと考えられるため、AGAクリニックで発毛治療として行われているメソセラピーでは頭皮に注射をして発毛成分を届けます。そこまでしないと髪の毛が生えてくることはないのです。

育毛シャンプーの使い方を読むと、頭皮マッサージをするようにシャンプーをすると良いとか、育毛成分が浸透するとか書いてありますが、無駄な努力です。頭皮マッサージではAGAや円形脱毛症、脂漏性皮膚炎の脱毛症などは全く治りません。

いつかは効果が出るだろうと思って何カ月も使っても髪の毛は増えないです。

 

シャンプーで薄毛(AGA)が改善されるという医学的な根拠があるのは、2%ケトコナゾールシャンプーの比較試験報告くらいです。被験者数が少ないのでエビデンスは低いものの、期待はしても良いでしょう。

ちなみに2%ケトコナゾールシャンプー(ニゾラールシャンプー)は医薬品で、日本では一般向けには販売されておらず、AGAクリニックで購入するか個人輸入(アイドラッグストアーなど)で購入するしか手に入れる方法はありません。

 

 

最後にもう一度言いますが、育毛シャンプーに育毛効果はありません。

悪質な商品を購入してしまわないように注意してください。

 

 

(関連記事)

⇒ シャンプーは成分表示欄を読んで選ぼう

⇒ 薬用シャンプーの効果 フケとかゆみを改善!!

⇒ ノンシリコンシャンプーの真実

⇒ リンス、コンディショナー、トリートメントの違い。何を使うべき?

⇒ 私がアイドラッグストアーを利用する理由

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。