個人輸入代行業者のオオサカ堂とアイドラッグストアーの信頼性は?

グローバル時代 輸入イメージ

 

個人輸入代行業者のネット通販サイトから医薬品を購入するメリットは大きいです。

①病院で処方してもらうよりかなり安い

②輸入する際の面倒な手続きを代行してもらえるので楽ちん

③家に居ながらにして手に入れられるので、時間の節約になる

④国内では手に入らない治療薬が購入できる

 

このように非常に大きいメリットがあるので即購入といきたいところですが、気をつけなければならないポイントもあります。

『個人輸入で医薬品を手に入れて使うことは全て自己責任になる』ということです。

例えば、個人輸入で海外の発送業者から直接医薬品を購入したり、海外旅行へ行って現地で医薬品を買いつけて日本へ持ち帰ったりして、その薬を服用した結果何らかの健康問題が起きても全て自己責任となります。

個人輸入代行業者を通じて買っても同じことで、業者はあくまで個人輸入で医薬品を手に入れたい人のために買い付けや手続きの代行をするビジネスをしているだけであり、購入者がその薬を服用した結果について業者は絶対に責任を取りません。
100%正規品を扱っているので安全です」とサイトに書かれているにも関わらず偽物を流通させて問題が起きた場合でも業者は責任を追いません。この場合も全て購入者の自己責任となります。

何が起きても誰のせいにもできないということです。

また個人輸入で手に入れた医薬品を転売や譲渡することは法律で禁じられています。自分が使うためだけに利用しましょう。

 

このようなリスクを限りなくゼロにするために個人輸入で医薬品を手に入れる前に知っておかなければならないのは、

①手に入れる医薬品の正しい知識

②個人輸入代行業者が間違いなく正規品を取り扱っているか

という2点です。

 

個人輸入代行業者を通じて医薬品を買い付ける場合は、通常のネット通販と同じ感覚で買うべきものではなく、買おうとしている医薬品の商品知識をあらかじめ熟知しておかなければなりませんし、業者を選ぶ際にも偽造品や粗悪品を掴まされないように注意しなければなりません。
特にED治療薬はネット通販で出回っている製品の55.4%が偽造品という調査結果もあります。実際にネット通販で買った医薬品を偽造品とは知らずに服用して死亡したケースもあります。
薄毛治療薬でも今後そういったトラブルが起きないとは言い切れません。ベストケンコーなど偽者組織が運営するサイトが数多くあるのが現状です。

多くの個人輸入代行業者は所在地を外国に置いています。これは多くの業者が薬機法(旧薬事法)違反のサイト運営をしているためで、もし日本の捜査当局が摘発に乗り出しても外国には日本の法律が適用されないので逃げ道を確保するためだとされています。
世界の個人輸入代行業者の10%が日本人向けのネットサイトを運営していると言われており、安易に業者を選ぶともしものことがありますのでお気をつけてください。

そこでこの記事では、個人輸入代行業者として取り扱い量が最大クラスで販売価格が安い『オオサカ堂』『アイドラッグストアー』を紹介します。これらのサイトの運営会社が信頼できるのかについて書いていきたいと思います。これはあくまでも私の私見です。読者の方が実際に購入する際にはご自身の責任の元で判断して頂きたいと思います。

輸入品が集まる港

『オオサカ堂』は信頼できる業者か?

オオサカ堂は創業19周年の個人輸入代行業者です。一般にインターネットが普及し始めたのが1998年くらいですから、たった19年ではありますがネットビジネス業界では黎明期から続いている老舗企業と言っても良いでしょう。楽天よりも歴史が長いです。

特に発毛剤に力を入れていて、フィナステリド剤(プロペシア、フィンペシア)やミノキシジル剤(ロゲイン、カークランド)などを購入できます。

運営会社はRoy Union Ltd.(ロイユニオン)、所在地は香港、責任者は外国人のようです。オオサカ堂以外にも複数の個人輸入代行のサイトを運営しています。

「オオサカ堂は薬機法違反をしている」とオンラインビジネスの国際的な監視機関であるLegitScript(レジットスクリプト)が注意喚起をしています。
日本では医薬品などの広告には非常に厳しい基準があって、わずかな表現の間違いでも薬機法違反となります。
オオサカ堂のサイトを見ると、レジットスクリプトの指摘通り薬機法に違反している可能性が高いです。オオサカ堂スタッフブログに至ってはもう完全にアウトでしょう。
今後当局に摘発されて突然オオサカ堂のサイトがなくなたっり、ドメイン名レジストラ会社の自主規制によりドメインが変更になるということが起きても不思議はありません(参考)。
もし利用者が注文してお金を払い込んだ後にサイトが消えたらどうなるのでしょうか。払い戻されるのかちょっと不安ですね。
こういったリスクがあることは頭に入れておいた方が良いです。
ただレジットスクリプトの意見は調査に基づいたものだけでなく妄想で語っている部分もあるので少し過度な批判だなと私は思います。オオサカ堂の広告の違法性は高いですが悪意はないように見えますので、単純にコンプライアンス意識がとても低いのだと思います。

ここまでを読むとオオサカ堂はなんだか怪しい業者だという印象しか持ちませんが、意外と実績はしっかりとしたものがあります。

オオサカ堂に問い合わせたところ、創業以来偽造品の輸入代行をしたことはなく、そういったトラブルもこれまで一度も起きていないとのことです。
またオオサカ堂が提携している現地の出荷元は製薬会社から直接仕入れを行っているので商品は全てメーカー純正品です。
その裏付けとして成分鑑定書がついている商品もあります。ただ鑑定書の一部にモザイクをかけているので検査機関がどこなのか分からなかったり、海外の玩具を売りにしている検査機関に医薬品の成分鑑定を依頼していたこともあるようで、鑑定書については信頼性に疑念が残ります。

長期の販売実績があるからか、医師からの依頼で病院や診療所への扱いもあるとサイトに記述があります。

サイト内の口コミはオオサカ堂が自分たちに都合よいものだけ掲載できるので信用できるかは分かりませんが、偽造品などのトラブルに関する口コミは見たことがありません。利用者の評判も悪くなさそうです。

トータルで考えると、オオサカ堂の広告には法的な問題がありますが商品の信頼性は高いようです。病院もオオサカ堂で購入しているようですし、身近では私の友人もオオサカ堂で購入していますが全く問題はないと聞いています。

中国人によくある遵法精神が弱く商売っ気が強い印象の業者ですが、一方で積み上げてきた信用もあるようですね。
私がメールで問い合わせた時も返事がその日のうちに返ってきましたし、利用者への対応が早いなという印象を持ちました。

支払い方法はクレジットカード(一括払いのみ)と銀行振り込みだけです。VISAカードは使えず、使えるのはJCBとアメックスのみです。代引きやコンビニ払いはできません。
支払い方法はちょっと不便さがあります。

商品の価格は為替の影響も受けます。
ドル決済になるのでドル円レートに連動して短期間で価格が数%変動するリスクはあります。
また表示価格に送料が含まれているので、送料無料とも言えますね。

 

『アイドラッグストアー(iDrugStore)』は信頼できる業者か?

アイドラッグストアーは1997年開設の個人輸入代行通販サイトです。インターネットビジネス界では老舗企業です。

アイドラッグストアーの取り扱う商品数は非常に多く、AGA治療薬以外にもED治療薬や睡眠剤など様々な薬のニーズに応えることができます。

東京日本橋に所在地を置くオズ・インターナショナルという日本国内の会社が運営しています。
アイドラッグストアーは1997年開設ですが、運営会社のオズ・インターナショナルは1980年創業です。美容雑貨や脱毛ワックスの輸入・卸業からスタートしました。輸入業としては36年の実績がある企業です。
経営者は瀧澤泰三さんという日本人の方のようです。現在ではアイドラッグストアーの他に複数サイトを運営しています。

この会社は過去にトラブルに見舞われたことがあります。
2008年には2万件の個人情報流出がありました。原因は中国からのSQLインジェクション攻撃(不正アクセス)。この時は顧客への弁償やセキュリティシステムの強化などの対応を迅速に行いました。
2011年9月には広告の表示法を問題視され薬事法違反で書類送検されています(後に不起訴)。ただし、不起訴になっていることからも分かるように、これは制度の変更に会社が時間的問題で対応できなかったというちょっと運の悪いところがあった事件だったので悪質なものではありませんでした。

2つの事件がありましたが、一つ目は悪意のある第三者からのクラッキングだし、二つ目は急な制度変更があったためで不起訴にもなっていますし、ちょっと運が悪かったなという話なので、会社の社会的信用を真に損なうようなものではないと思います。
むしろトラブルに見舞われたことを教訓として「情報漏えい対策の徹底的な強化」と「サイトの遵法運営を強化」しています。
現在では、クレジットカード業界のセキュリティ基準であるPCI DSSを認定取得するなど非常に高い情報セキュリティシステムになっています。(参考:オズ公式サイト 情報セキュリティについて)

これまでの対応をみると、突発的な問題が起きても常に誠実に対応してきましたし、真面目に企業経営をしようと努力をしておられる経営者の方だなという印象を受けますね。

公式サイトに「厚生労働省の指導に基づき運営しています唯一の国内事業者です」とあるように、サイトの作りは法律に則ったものになっています。
国内に籍を置いている企業なので日本の法律を明確にクリアしなくてはなりません。
そのため私たち利用者はアイドラッグストアーで医薬品を購入する際に、自分で医薬品の名前を検索窓に打ち込まなければ商品ページに辿り着けない仕組みになっています。少し面倒ですが、これは薬機法で義務付けられていることなので仕方ありません。
むしろ堂々と薬機法違反を続けて、不法に利益を上げている外国籍の同業他社に比べて遥かにコンプライアンスが高い証拠です。

 

次に医薬品の信頼性についてですが、
アイドラッグストアーでは製薬会社の純正品のみを取り扱っており、医薬品は定期的に国内の検査機関に品質検査を依頼し成分鑑定書が掲載されています
ただ鑑定書についてはオオサカ堂と同じくやはり鑑定人のところがモザイクです。その理由をアイドラッグストアーに聞いてみたところ「ネット公開するにあたり個人名を伏せる契約を検査機関としている」とのことでした。個人情報保護の観点からモザイクをかけているのかもしれませんが、せめて鑑定人の法人名だけでも公表した方が信頼性は高まるのでは?とは個人的には思います。

また、創業以来、過去に偽造品が混入してしまったというようなトラブルは一度もないとのことなのでその点も信頼できます。
「医療機関にも提供しているのでご安心ください」とも仰っていました。
実際にオズ・インターナショナルではiRxMedicineという医療関係者専用のサイトを通じて国立病院、研究機関、私立大学病院、クリニック、企業など2700名以上の医療関係者に医薬品の輸入代行を行っています。
これだけ多くの医療関係者が利用しているのであれば、品質は病院で処方してもらう医薬品と変わらないと言えるでしょう。

 

私はアイドラッグストアーにメールでいろいろと問い合わせをしたのですが、いつも返信が非常に早かったです。いくつも質問を投げましたが、翌日には丁寧に回答して頂けました。

このように客観的、総合的に精査してみると、現在のアイドラッグストアーは非常に信頼性が高い業者と言えそうです。

私は数多くの個人輸入代行業者について調べていますが、アイドラッグストアーが一番信頼できる個人輸入代行業者です。
実際に私もアイドラッグストアーを利用していて、薄毛治療薬のプロペシアやロゲイン、脂漏性皮膚炎に効くニゾラールシャンプーなどを購入しています。
また私がアイドラッグストアーを使う理由はもうひとつあって、法律を無視している海外の業者には儲けさせたくないし、真面目な日本国内の業者に頑張ってもらいたいからです。
私が国内業者で買い物をすることによって微々たるものであっても国の税収を上げたり、国内の景気に少しでも貢献したいなと思っています。

支払い方法は、クレジットカード、コンビニ払い、銀行振り込み、郵便振替、代引きから選べます。ただし代引きは一部商品に限られます。送料は1200円以上の購入金額の場合はかかりません。
私はいつもクレジットカード払いなので、支払いは簡単ですね。

 

アイドラッグストアーが評価の高いサイトのせいか、マネをしようとする他の会社もあります。

例えば、idrugstore.asiaという類似したサイトがあるのですが、それは悪質な業者が似せて作ったサイトですので、ご自分でYahooやGoogleで検索してアイドラッグストアーの公式サイトを探す際には十分に注意をしてください。
アイドラッグマートというサイトもありますが、アイドラッグストアーに名前やロゴを意図的に似せていると考えられます。
アイドラッグマートは海外の業者が運営している全くの別物の会社です。うっかり間違えないようにしましょう。

アイドラッグストアーの公式サイトはこちらです⇩⇩

アイドラッグストアー公式サイト

 

 

個人輸入代行業者を使う際のその他の確認事項としては以下のようなことがあります。

・海外からの輸入品なので、運送途中でダンボール箱の角などが多少潰れたりすることはよくあります。

海外の運送業者が扱うので仕方ないところですね。その点、日本の運送業者の丁寧さは世界基準と比べるとやはり別格ですね。

・稀に医薬品の入った箱が開けられたあとが見受けられる場合もあります。

これは何かを混入されたとかでなく、通関手続きの際に抜き打ちで検査が行われて開けられることがあるためです。

・納期については輸入なので日数がかかります。

発送元の国や発送元業者によっても差がありますので何日かかるかはケースバイケースですね。
私の経験から言いますと、アイドラッグストアーではおおむね1週間~2週間以内に到着します。

 

 

薄毛治療は時間との勝負という面があり、早く治療しないと毛根組織の寿命が尽きて発毛しなくなってしまいます。

ですから本来ならば医薬品をすぐに手に入れて治療を開始したいところですが、最初にも述べたように、個人輸入業者を通じて医薬品を購入するのは自己責任になります。

やはり不安だなと思う方は、AGAクリニックなどの病院へ行って処方してもらうのが総合的にみて一番良い選択肢だと思います。

個人輸入で薬を手に入れる一番のメリットは安く医薬品を手に入れられることなので、その点を重視される方は私のように自己責任において利用しましょう。

 

 アイドラッグストアー公式サイトはこちら

 

(関連記事)

⇒ AGAクリニック紹介 東京・横浜・関東周辺

⇒ AGAクリニック紹介 大阪・京都・神戸

 AGA体験談 アイドラッグストアーで注文していたプロペシア到着

⇒ AGAクリニックの選び方 病院の最大のメリットは信頼と確実性 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。