メソセラピーの発毛効果は病院によって大きく異なります

本当に効くのか?メソセラピー

 

メソセラピーによる薄毛治療をご存知でしょうか?

頭皮にダイレクトに有効成分を注入することで発毛を促す治療法で、医療機関でしか受けることのできない施術です。

市販の育毛剤は頭皮に薬液を塗るだけですが、メソセラピーでは頭皮の中に強力な有効成分を注入するので発毛効果が大きいとされています。

メソセラピーは男女を問わず受けることができ、男性のAGAにも女性のびまん性脱毛症にも有効です。

この記事ではメソセラピーについて「どんな治療法なのか」「発毛効果」「医療費」などについて掘り下げて解説していきます。

 

メソセラピーは医療行為

AGA治療の基本はプロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬によるものですが、薄毛治療の専門病院ではその他にもメソセラピー、HARG療法自毛植毛などが受けられます。

中でもメソセラピーは多くのAGAクリニックで行われており、医薬品による治療だけでは満足がいかなかった場合や薄毛の症状がかなり進行してしまった場合などに第二の選択肢としてしばしば提案されている治療法です。病院によっては医薬品による治療よりも高い効果を得られると説明され、薄毛治療を開始してすぐに医薬品治療と合わせて施術されることもあります。

メソセラピーは1952年にフランス人医師のミッシェル・ピストール博士によって考案された治療法です。メソとは皮膚の皮下結合組織や脂肪組織のことで、セラピーとは治療という意味です。頭皮に薬剤を入れて治療するということですね。フランスから始まったこの治療は徐々に広がり、10年ほど前からは日本でもダイエット目的の治療法として美容業界で多用されるようになりました。広がりと共に研究も進み、近年、薄毛治療においても成果を出し始めました。

植毛には抵抗があるけど、メソセラピーなら試してみたいという人が治療を希望することが多いようです。年齢は男女問わず20代~40代と幅広いです。

医療機関以外では受けられないので、育毛サロンや自分で行うことはできません。

 

具体的にはどんな治療法なのか

メソセラピーでは、発毛・育毛に効果が高いとされる有効成分や成長因子を頭皮に直接注入します。

メソセラピーで注入する薬剤の成分は病院ごとに異なっています。米国のBenev社製の皮膚幹細胞の培養上清液である「Benev」やスペインのMesoline社製の再生因子製剤「MESOLINE HAIR」をベースとして、各病院が独自に配合した成分を使っているので、効果や費用も病院ごとに異なります。基本的にはベースにFGF7(KGF)やミノキシジル、フィナステリドなどを足し合わせて使う場合が多いです。使用している成分については病院のサイトに書いてあることも多いですが、もっと詳しく知りたい場合は病院に直接質問してみるしかありません。

 

注入方法はいくつかあり、オーソドックスな方法は針の注射をすることですが、これは痛みを伴います。

痛みを軽減させるために、麻酔を用いたり、針を使わずに薬剤を注入するノーニードル法(ノンニードル法)として電気穿孔法(エレクトロポレーション)と呼ばれるものを使うこともあります。電気穿孔法は電圧を加えて細胞間に穴を空けてそこから注入するので、術後の痛みや腫れなどが少ないです。メソセラピーには様々な注入用の機材がありますが、何を使うかは病院によって異なります。

治療時間は30分弱で終わります。

どの方法でも注射痕などの傷はほとんど分からないので、他の人にバレるというようなことはありません。

メソセラピーを行う頻度については、病院や患者の症状ごとに推奨している期間は異なります。

例えば、高円寺南クリニックでは成長因子複合体の外用剤を1日2回、メソセラピーは2週間に1回を基本として推奨しています。個別の症状に合わせて1ヶ月に1回や1週間に1回というように頻度を変えても良いとしています。

新宿AGAクリニックでは、始めの数ヶ月は月2回、その後は月1回。トータルで1年間くらいの治療計画を立てることが多いようです。

 

費用

費用は病院によって大きく差があります。薬剤の成分や注入する範囲にもよりますので、以下の金額はおおよその価格帯になります。

リーズナブルな料金設定をしている病院では1回20,000円程度で、費用が高い病院では1回60,000円以上します。

病院によって薬剤が異なるので、高いから効果があるわけでもないですし、安いから効果がないわけでもありません。

病院、症状、体質などによって効果には大きな差が生まれますので、期待以上の発毛効果が得られることもあれば、お金がもったいなかったと後悔することもあります。

 

メリットとデメリット

メリット

・比較的安全性が高い

 副作用の強い薬剤を使っている病院は別ですが、成長因子主体でやっている病院では副作用はほとんどありません。あっても軽いニキビや軽度の腫れが出る程度で、心配をする必要があるような重篤な副作用はでないと思っていて良いです。副作用については事前に医師から説明を受けましょう。

・短期間で高い効果が期待できる

 フィナステリドとミノキシジルによる治療の場合と比べると、薄毛改善効果が早く出る可能性が高くなります。1日でも早く薄毛を治したい人は試してみる価値があります。

・女性も受けられる

 女性の薄毛治療薬にはフィナステリドほどには強力なものがないので、早く治療効果を出したい場合にはメソセラピーも最初から選択肢のひとつになります。

 

デメリット

・効果に対する明確なデータがない

 メソセラピーで使う薬剤は各病院で独自に配合していることが多く、「1000人の被験者に対する実験において、〇▲という配合で治療を行った結果、×ヶ月で〇〇%の改善効果があった」などという臨床データがありません(各病院が独自に治験を行ってデータを取っているはずですが開示されていることはほとんどないです)。実はどの程度の効果が実証されているのか客観的には全く分からない治療法です。

・医師の腕によっても効果が変わる

 薬剤の効果を発揮するには、注入する際に皮膚組織の適切な場所に入れなければなりません。深すぎても薬剤の滞在時間が短くなってしまうので効果が薄くなるし、浅すぎると薬剤の浸透率が悪くなります。的確な場所に注入する医師の技術が必要になります。

・費用が非常に高い

 1年間治療を行うとすると、最初の4ヶ月間は月2回、その後8ヶ月間は月1回、1回の治療費が4万円として、1年間で64万円にもなります。AGA患者の場合はほとんどの人がフィナステリドやミノキシジルと併用するので、合計で100万円以上の治療費になることもあります。自毛植毛と変わらないくらいのコストになりますね。病院側にとっては利益になるので多くの病院では積極的にメソセラピーを勧めています。

 

結論 メソセラピーを行う価値はあるのか?

メソセラピーの問題点は、何といっても効果を実証するデータが少なすぎることです。論理的には効果がありそうですが、実際どの程度なのか分からないので費用対効果を計算できません。効果が分からないものに高いお金を払わなければならないので、経済的なリスクという意味では高過ぎます。もちろん台所事情に問題がない経済力のある人の場合は試してみる価値は十分にあります。

私個人の意見としては、やはりまずは医薬品(プロペシアやミノキシジル)で半年以上治療を行ってみて、効果が小さく不満が残った場合にメソセラピーの併用を試してみるのが良いと思います。今の毛髪の状態を維持するだけなら医薬品の治療でほとんどの人は満足できる結果になります。今よりももっと毛量を増やしたい場合は満足度に個人差が出てくるので、医薬品の効果だけでは物足りないと思った時にメソセラピーを検討してみてはいかがでしょうか。

あるいは、50代以上の方でAGA治療薬による発毛が期待できない場合には有力な選択肢のひとつになるかもしれません。

女性の場合でも、ミノキシジル、パントガール、パントスチンなどから始めて、効果が出なかった場合に検討してみた方が経済的に優しいと思います。

 

(関連記事)

⇒ AGAクリニック・病院選び 東京・横浜編

⇒ AGAクリニック・病院選び 大阪・京都・神戸編

⇒ メソセラピーで注入する成分の詳細

⇒ HARG療法の効果は?

⇒ 絶対に後悔しない 最高のAGAクリニックの選び方

 

 

(こんな記事も読まれています)

⇒ 個人輸入代行業者のオオサカ堂とアイドラッグストアーの信頼性は?

⇒ もう薄毛で悩まない 女性の薄毛 症状別解決法

⇒ AGA 体験記1 発症からミノキシジルによる発毛成功まで

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。