AGA体験記1 AGA発症後すぐに対応したことで発毛に成功しました

抜け毛が止まらない男性

 

は過去に脂漏性皮膚炎、円形脱毛症と経験してきたのですが、30代でAGAにもなりました。

AGA発症時の経験をお話したいと思います。

 

私は薄毛に対する不安を小学生の頃からすでに持っていました。

一番身近な存在である父親が30代後半くらいからどんどん薄くなっていくのを見ていたからです。

M字部分や頭のてっぺんから徐々に頭皮が透けるようになっていき、父親の枕にはよく抜け毛が落ちていました。最初は私はそれを見て「お父さんがハゲたハゲた」と面白がって笑っていたのですが、「ちょっと待てよ?俺も将来こうなるのか?」と次第に不安を持ち始めました。

正月やお盆などに親戚が集まった時に見渡すと、叔父さんたちはみんな薄毛です。父親は兄弟の末っ子だったので、父親の兄弟はみんな父親よりも年が上なのですが、5人いる父親の男兄弟は見事に全員禿ていました。みんな同じように前頭部のM字部分と頭頂部のO字部分が薄くなっていました。

さらに父方の祖父も禿ているし、母方の祖父も禿ています。母親や祖母は女性なので薄毛ではありませんが、毛量が多い方ではありませんでした。

まさに四面楚歌のような最強のハゲ遺伝子の存在を見せ付けられ、「これは将来俺もヤバイぞ」と真剣に悩み始めたのです。

 

時は経ち私は中学生になりました。

思春期に入りホルモンバランスが変わったことで脂漏性皮膚炎を患い、年中頭皮の湿疹や抜け毛が気になったり、さらにハゲ散らかした父親の頭を見たりと将来の薄毛に対する不安は増すばかりでした。

しかし時は1990年代で薄毛治療は全く効果のないものしかありません。ヘアサロンの高額施術代の詐欺話や訴訟などのニュースもたまに見かけるような有様で、薄毛に悩む人々にとって将来は絶望的でした。「いくら高いお金を払っても髪が生えてくる育毛剤や育毛法なんてない。金持ちでも禿げているのがその証拠だ。」と当時はよく言われていました。

「俺の将来もかつらか植毛か、Xデーはいつ来るんだ?」と得体の知れないハゲの脅威がひたひたと忍び寄ってくる恐怖を私は感じていました。

 

学校を卒業し、社会人になった2000年代のある日。たまたまテレビを観ていた私は驚愕しました。

なんと薄毛治療に効く医薬品が発売されたというのです。その時の番組をネットで探したらありました。2006年だったんですね。(参考リンク:YouTube)

この動画で紹介されているのはフィナステリドのことです。この番組を観ても分かるとおり、当時はまだ多くの医師がAGA治療について全く知識がない時代でした。フィナステリドだけではなくミノキシジル、シャンプー、生活習慣など総合的なAGA治療法が確立されてなかった時代です。多くの病院でプロペシアが本格的に使われ始めてまだ1年も経っていない時期でしたので無理もありませんね。

当時の私はこれを観て大急ぎでメモを取りました。

『フィナステリド』 ハゲ始めたらこれだ。すぐにこれを使うんだ。

絶対に忘れないようにメモをし、記憶に刻み付けました。世界の終わりを待つような暗黒世界の心境に、一筋の虹色に輝く光が差したようでした。

その後ミノキシジルの存在も知ることができ、フィナステリドとミノキシジルという言葉だけは忘れずに生きてきました。

当時の私には今のような薄毛治療の知識があったわけではなく、どのくらいの効果があるのかなどの統計データはほとんど知らなかったのですが、医学的に証明された効果があるということだけは覚えていたので禿始めたら絶対にこれを使うと心に決めたのです。

 

そしてさらに時は経ち30代。

とうとうその時がきました。アルマゲドンです。世界の終わりです。

終わりの始まりは枕に落ちている抜け毛が増え始めたことに気付いたことからでした。何故か妙に抜け毛が多い。朝起きたら枕に10本くらい髪の毛が落ちています。季節の変わり目の春や秋に抜け毛は増加するので最初はそのせいかとも思いました。しかし季節が変わっても抜け毛が減らないのです。

髪を洗った時の抜け毛も妙に多くなりました。髪が伸びるとそう感じることもあります。しかし美容院で髪を切って短くなっても抜け毛の量が変わりません。明らかに異常な量が抜けます。流れてしまうので正確な抜け毛の数は数えられませんでしたが、1度の洗髪で100本以上抜けていたと思います。

ドライヤーをかけても違和感を感じました。髪にコシがなくなり、スタイリングする際に髪の立ちが悪いのです。ふにゃっとしてしまいます。私の髪質は元々は太い方なのでこんなことは今まで起きたことがありませんでした。

何となく鏡を見ると薄くなった気がするし、生え際のうぶ毛もなくなった気がします。まさかと思って携帯で頭頂部の写真を撮ってみました。鏡ではしっかりと見れない部分なのでカメラで自撮りしたのです。

 

 

 

その写真がこちら↓

 

ぎゃあああああああああああああ!!!!薄くなってるぅうううううう!!!!

なんて日だッ!!!!!

覚悟していたとは言え、絶望の瞬間です。このまま進行していくと思うと現実から目を背けたい気持ちになります。

いや本当に目を背けていたのです。なぜなら…

 

 

こめかみ部分がけっこうきてるのには早くから気付いてましたから。私は元々生まれつきこの部分の毛が薄かったのですが、今までは元気に生えていたうぶ毛たちがいつの間にかいなくなっていたのです。つるつるです。ここが魔境です。毛根が死ぬ音が聞こえました。信じたくなくて現実に向き合わなかったんですね。

悩みました。

これはどう見てもAGAだ。放っておいたら進行していくだけだ。彼女にカッコ悪いと思われるかもしれない。まだまだモテたい。リアルガチでヤバいよヤバいよ。どうしよう。

外へ出掛けると人の目線が気になります。レジで並んでいる時、後ろの人が私の後頭部を見ているような気がします。私が階段を昇る時、上から降りてくる人たちが私の頭頂部を心の中で笑っているような気がします。強い風が吹くと髪が乱れて薄毛がバレないかと冷や冷やします。

私はすごく自虐的になりました。しかし何も対処せず2週間が経ちました。

 

そして今一度、自分で頭頂部の写真を撮ってみて、疑いようもなく完全に終わりの始まりが訪れたことを再確認して、ようやく覚悟が決まりました。

 

「いつやるの? 今でしょ!!!」(古い)

 

覚悟が決まれば一気に戦闘モードのスイッチオンです。男の闘争心に火が付きました。

「来た、とうとう来たか、AGAめ。思えば我が父もてっぺんとこめかみが最初に犠牲になっていたわ」

「しかし俺にはリーサルウエポンがある。父の時代とは戦力が違うのだ。フィナステリドとミノキシジルだ。このツートップで徹底抗戦してやるぜ。」

 

私はすでにミノキシジル片手に戦っている戦友がいましたので、彼にミノキシジルの入手方法や効果などを詳しく聞きました。

彼の場合はオオサカ堂でポラリス社のミノキシジル外用薬を購入して使っていたのですが、私はその時ちょうど薬局の優待券を3000円分くらい持っていたので薬局でリアップを購入することにしました。私のサイフには痛い出費ですが。。。

 

「こいつで倍返しだ!!!!!」(古い)

1日2回、毎日、3ヶ月間使い続けました。(正確には1日1回の日もけっこうありました)

フィナステリドも使いたかったのですが、両方使うと発毛してもミノキシジルが効いたのかフィナステリドが効いたのか分からなくなってしまいます。

効果を確かめるにはひとつづつ使って行こうと決めました。単純にお金がなかったという理由もありますが…。

 

「ではまず、ミノキシジルとやらの性能を見せてもらおうか」

 

そして3ヵ月後・・・

 

「ふははははははは!!!圧倒的じゃないか我が軍は!!!」

 

「どうれ、こめかみも見てやろう」

 

 

「帰ってきた!!!死んだはずのうぶ毛たちが帰ってきた!!!」

「俺はまだ本気を出してないんだぞ? フィナステリドはまだベンチにいるんだぞ?」(※本当はお金がないだけ)

 

ミノキシジルの発毛力は予想以上でした。嘘みたいな効果ですが、これは正真正銘私の治療経過写真です。

この3ヶ月間に薄毛治療に関する勉強をさらに重ねたのですが、そこで分かったことは、私の場合薄毛の症状に気付いたのが早く、治療も即座に行ったので効果が強く現れたようです。かなり薄くなるまで放っておくとそれだけ効果も弱まってしまいます。AGA発症に気づいてすぐに行動したことが功を奏しました。

AGA治療はできるだけ早く行うのが良いというのが真実だということを身を持って感じました。

発毛経過ですが、私の場合「あれ?こめかみにうぶ毛が生えてきたんじゃないか?」と思い始めたのがミノキシジルを使い始めて3週間後くらいで、写真を見ても明らかに生えているのが分かったのが2ヵ月後でした。てっぺん部分は鏡では見えづらいのでよく分かりませんが、やはり2ヵ月後くらいには変わってきた感じがありましたね。

副作用も一切起こりませんでした。ただ初期脱毛は治療開始5日後あたりで始まり、そこから1週間くらい続きました。髪を洗うと100本以上は抜けたのでめっちゃ焦りましたね。髪が増えるどころかなくなるんじゃないかと思いました(笑) ミノキシジルを使い始めたばかりの頃は初期脱毛という現象があることを知らなかったし、リアップの説明書にもそのような現象があることが書かれていませんでした。インターネットで調べてみると、AGAクリニックの医師が「初期脱毛は薬の効果がちゃんと効き始めている良いサイン」と言っていることを知って一安心したことを覚えています。私の場合は効果が強く現れたので初期脱毛が起こるタイミングも平均的な人より早かったようです。

私の場合は早い段階で対処したことが功を奏しただけではなく、体質的にも効き易かったのかもしれません。ミノキシジルの臨床データと比べると3ヶ月間の効果としては成功し過ぎた気がします。多くの人は、半年~1年くらいの長期の間、根気よく続けると私くらいの効果が出るのだと思います。

 

このように私は3ヶ月ほどで非常に大きな効果を得られたので、結果的にフィナステリドの出番はなく、副作用もなかったのでリアップを継続して使うことにしました。その後、リアップと同じ成分のロゲインを個人輸入代行業者のアイドラッグストアーで購入して、現在も使っています。

フィナステリドの効果が自分にはどのくらいあるのか実感してみたい気持ちもありますし、ミノキシジルは何年も使っていると効果が下がる傾向があるので、プロペシアに途中で切り替えて1年経ったらまたミノキシジルに戻したりして効果を持続させる作戦で行こうかなと考えています。今後フィナステリドも個人輸入で購入して使ってみる予定です。

 

(関連記事)

 AGA体験記2 ミノキシジルからフィナステリドへ変えてみました

 AGA体験記3 プロペシアを服用し始めて1か月が経過しました

⇒ AGA体験記4 プロペシアのみのAGA治療を開始して2か月経過

⇒ AGA体験記5 プロペシアのみで発毛した? 3か月点検

⇒ 私がアイドラッグストアーで購入する理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。