AGA治療薬を安く購入できる方法がありますが、どうします?

天秤 お金か?信頼か?

 

みなさんは中国産の食べ物は好きですか?

スーパーマーケットに行くとたくさん並んでいますよね。野菜、肉、魚介類、加工食品や松茸までなんでも中国産の食品を買えます。

日本産のものに比べると安いし、味や見た目も特段悪くありません。普通に産地を気にせず買う人も多いと思います。

一方で、こう思う人もいるはずです。「中国産のものは信頼性に欠ける。何か変な農薬を使ってそうで嫌だ。味も日本産に比べると明らかに落ちる」と。品質なら世界最高の日本産が一番だと考えて日本の食品を好んで買う人も多いでしょう。

 

実は同じようなことがAGA治療薬にも言えるのです。

① AGAクリニックへ行って医師の診断を受けて処方してもらう

② AGA治療薬を海外から自分で購入して使用する

食品に例えるなら、①は日本産の信頼性抜群の食品です。②は中国産のコストパフォーマンスに大変優れた食品です。

どちらの方法を選ぶかは個人個人によって違いますね。それぞれメリットとデメリットがあります。

 

この記事では、「AGA治療薬を病院で高く買うか・自分で安く買うか」どちらが患者にとって良い選択となるのかを考察しました。

 

① AGAクリニックへ行って医師の診断の元で治療する

薄毛治療は、効果を求めるならAGA治療の専門病院へ行って治療を行うのがベストです。安全性、治療の確実性、治療方法の選択肢の多さからいってこれ以上はありません。

AGAクリニックでは、専門医が患者の症状に合わせた治療方針を提案してくれます。AGA治療薬はもちろんのこと、自毛植毛、メソセラピー、HARG療法、サプリメントやシャンプーにまでこだわって最大限の効果を狙うことができます。自分ひとりで治療をするとなると、まず自分の症状を客観視することが難しいですし、AGA治療薬の使い方・副作用などの知識を身に着ける必要があります。自毛植毛やメソセラピーといった医療行為もできません。

 

しかし、病院での治療で最大のネックになるのは医療費が高いこと。

薄毛治療は保険適用外であるため、長期的に見た場合の医療費は物凄い金額になります。

現在、医学的に推奨されているAGA治療は2つのAGA治療薬の使用が中心になりますが、薬の使用を中止すれば再び髪の毛は抜けてしまいますので、薬の使用を長期間続けることになります。長い目で見ると非常に大きな費用がかかるのです。

例えば、病院での治療費が1か月に3万円かかるとすると、1年で36万円、10年で360万円、20年で720万円です。私は今30代なので、60代くらいまでは今の髪を維持したいと思えば30年間薬を使い続けるしかないので、かかる費用は30年で1080万円にもなります。中古のマンションが買えます。

自毛植毛は高いというイメージがありますが、手術は1回か2回程度で済みますので長期的には他の治療と比べて決して高くはないのです。

また、良い病院が通院できる範囲内になければ自分で治療する以外に選択肢がありません。

 

もし治療費の支払い能力が十分にあって、良い病院が通院できる範囲内にあるのなら病院で治療すべきでしょう。

 

② AGA治療薬を自分で購入して使用する

費用が払えない、通院できないなど、病院で治療できない理由がある場合には自分で治療するしかありません。

自分でAGA治療をするとなると欠かせないのがAGA治療薬です。

この2つの医薬品は日本皮膚科学会が効果や安全性の面から強く推奨している医薬品で、これを使わない治療法では自分でAGAを改善させることは非常に難しいです。

AGA治療薬の使用と合わせて行うと良いのは、栄養補助のためのサプリメントの摂取自分の肌質に合ったシャンプーを使用する育毛に良い生活習慣を心がけるなどです。

そこで一番問題となるのが、どうやってAGA治療薬を手に入れるかですが、方法は2つあります。

① 自分が海外に行った時に、薬局で買ってくる。

しかし、1度に国内に持ち込める医薬品の量は法律で制限されいますし、定期的に年に何度も海外へ行って薬を購入するのは現実的ではありません。渡航費用もかかり過ぎます。

② 個人輸入代行業者を通じて手に入れる。

現実的には個人輸入代行業者を利用してネット通販のように購入することになります。医師の診断を受けないわけですし、海外の発送元などの業者に偽物の薬を掴まされる可能性もあります。偽物の薬が送られてきても個人輸入代行業者は一切責任を負いません。また医薬品の知識を自分できちんと勉強しておかないと、思わぬ副作用に見舞われて正しい対処ができないかもしれません。個人輸入は何が起きても全て自己責任になるわけです。厚生労働省も個人輸入のリスクを強く警告しています。リスクについてしっかりと認識した上で個人輸入代行業者を利用してください。

個人輸入代行業者のアイドラッグストアーは信頼性が高く、価格も安いので私自身もをアイドラッグストアーを通じてAGA治療薬を購入していますが、リスク面はしっかりと意識しています。

アイドラッグストアーは信頼できる業者なのか自分で詳しく調べましたし、少しでも疑問があればアイドラッグストアーに直接問い合わせもしています。買おうとしている医薬品について正しい使用法やどのような副作用が起きる可能性があるのかを製薬会社が出している開示情報を読んで自分で勉強し、問題が起きた場合の対処法も知っています(基本的には使用を中止すれば良いだけですが)。

面倒なことですが自己責任である以上は問題が起こった時に後悔するようなことがないように、やっておかなければならないことです。誤った使い方をして副作用が起きても誰も助けてはくれませんからね。偽薬が送られてきても気付けるくらいにならないといけません。

私がそんな面倒なことまでしてなぜ個人輸入をするのかというと、やはり金額的に大きなメリットがあるからです。

上記でAGAクリニックでの治療費が高額になることを説明しましたが、個人輸入でAGA治療薬を買うと桁違いに安く済みます。

繰り返しになりますが、もし病院での治療だけを続けるとなると1ヶ月で2~3万円になることもあります。仮に1ヶ月3万円とするなら30年で1080万円です。

これがもし個人輸入なら、1ヶ月5千円以内に抑えることも可能です。病院と比べると圧倒的な低価格です。仮に1か月1万円としても、1年で12万円、10年で120万円、30年で360万円です。病院での治療を比べると720万円の差になります。短期的な視点だけで考えていると見落としがちな事実ですね。

 

こういう計算をした時に、安全と効果を選んで病院での治療を続けるか、費用のことを考えて個人輸入にするかは各々の収入や価値観で変わってきますね。どちらが正しいとも言えません。

私の場合はお金がないのでできるだけ安くしたいですね。そのために安全性が脅かされるリスクを取っているわけです。ただそのリスクは、信頼のおける個人輸入代行業者を選ぶことや薬の知識を身につけることでかなり小さくできます。アイドラッグストアーから偽物の薬が流通したことは過去にないですし、私のところにも本物の薬がちゃんと届いています。その結果、発毛にも成功して現在はフサフサです。

とは言え、もし私が1000万円なんて別に何てことないというくらいのお金持ちだったら迷わず名医がいる病院を探して30年間通いますね(笑) その方が個人的な努力の必要がないですし、医者任せなので何より気楽です。

読者のみなさんには、まずはAGAクリニックで治療することをお勧めします。私のように費用の面でどうしても個人輸入の方を選びたいという方は、しっかりと勉強して自己責任において利用しましょう。

 

病院へ行くにしても、個人輸入をするにしても、共通して言えるのはAGA治療は今すぐに始めた方が良いということです。

AGAは発症初期であれば医薬品で完全に回復する可能性が高いですが、治療が遅れれば遅れるほど医薬品の効果は出なくなってしまいます。時間の経過と共に毛根の寿命が尽きてしまうためです。「市販の育毛剤で治らないかな」とか「生活習慣を直せば改善しないかな」なんて迷っているうちにどんどん薄毛は進行して、「これ以上薄くなるのはダメだ。医薬品で治療しよう」と思った時には医薬品を使っても効果が出にくくなっていることもあります。早く正しい治療を始める決断できるかどうかが、治療効果にダイレクトに影響します。

 

(関連記事&外部リンク)

 アイドラッグストアー公式サイト

⇒ 個人輸入代行業者大手のオオサカ堂とアイドラッグストアーの信頼性は?

⇒ 医学の力でAGAを治せる時代 AGAクリニックの選び方

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。