10代、20代前半の薄毛対策

若者ジャンプ 友達3人

 

20歳前後の若い人で、薄毛に悩んでいる人はたくさんいます。

おでこが広く、生え際が上がっていることをイジられてコンプレックスに感じる。

つむじ付近の頭皮が透けて見えるのが気になって仕方ない。

髪が細く、ネコ毛のように柔らかいので、若ハゲになってしまうのではないかと心配になる。

頭を洗うと、やたら抜け毛が多くて不安になる。

ちょっとしたことが気になって、このままではハゲるんじゃないかと心配になるのは特に10代の時期にはよくあることです。

私も10代の頃はそう思っていました。

 

どうしても心配ならば、AGAクリニックの無料カウンセリングへ行こう

20代前後、特に10代の人のこのような悩みは、些細なことを心配しすぎて、自分は薄毛が進行していくのではないかと不安になってることが多いです。特に繊細な性格の人に多いようです。

「いやいや、これは絶対に気のせいなんかじゃない。絶対、禿始めてる。」と思うのであれば、無料カウンセリングを受けることができるAGAクリニックで診断を受けるのをお勧めします。

無料ですし、未成年者でも学生の方でも快く診てもらえますし、薄毛治療の専門病院ですので医学のプロフェッショナルから客観的に症状を診断してもらえます。無料カウンセリングは非常におすすめです。

確率的にはとてつもなく稀ですが、不幸なことに10代でAGAが発症する人もいます。AGAの症状が明らかであれば無料カウンセリングに行ってみる価値は高いです。AGA治療は発症したばかりであれば高い効果が期待できるし、多くの場合はフサフサの頭に戻れます。

しかし、治療をせずいつまでも放っておくと毛根組織の寿命が尽きてAGAクリニックでどんな治療をしても生えてこなくなります。

ほとんどの病院では未成年にはAGA治療薬を処方することは少ないですが、医師の判断で処方してくれることもあります。例えば、東京メモリアルクリニック平山の佐藤明男院長は未成年の場合でもAGAの診断と親権者の同意があれば医師の裁量権でプロペシアを処方することもあるとのことです。

まずは無料診断を受けて、AGAなのか、他の病気なのか、あるいは思い込みなのかをプロに判断してもらうと良いでしょう。

 

注意点としては、ヘアサロン業者が行っている無料診断には行かないことです。

ヘアサロン業者の中には全く薄毛の心配がない人に対しても「このままだとハゲますよ」と言って不安を煽り、高額な治療や育毛剤を強く勧めてくることも多いです。詐欺のような手口で高額な治療を受けさせようとする業者もいますので、必ずAGAクリニックの無料カウンセリングに行くようにしましょう。

AGAクリニックは病院ですので、よほど酷い病院でない限り無理やり高額な治療を勧めてくることはありません。とりあえず無料カウンセリングだけ受けて、AGAだと診断されても治療するかどうかは一度帰ってからじっくり考えれば良いのです。

⇒ AGAクリニック・病院選び 東京・横浜編

⇒ AGAクリニック・病院選び 大阪・京都・神戸編

 

若者の薄毛はAGA以外の原因の場合もあるので要注意

10代の人に薄毛の危険がある場合は、AGAではなくほかの病気が原因になっている場合が多いです。

受験や人間関係などで強いストレスにさらされると円形脱毛症になることはよくあります。円形脱毛症は比較的子供に多い病気です。楕円型のはげ(いわゆる10円はげ)が急にできたら、まずは円形脱毛症を疑ってみましょう。下記のページに詳しく症状や治療法などを紹介していますので参考にしてみてください。

⇒ 円形脱毛症の全て 症状・原因・日本皮膚科学会ガイドライン推奨の治療法&医師が推薦する医療機関

 

男性の場合、思春期になり男性ホルモンの分泌が活発になると脂漏性皮膚炎になることもあります。思春期以降に頭皮や顔が脂っぽくなり、フケが多く出たり頭皮や顔に炎症が見られたら脂漏性皮膚炎の可能性が高いです。脂漏性皮膚炎は女性にも起こります。初期段階であれば多少フケが出る程度ですが、症状が進むとフケの量が多くなり、さらに脱毛が起きることもあります。脂漏性脱毛症とも呼ばれます。脂漏性皮膚炎についても、下記ページで症状や治療法について紹介していますので参考にしてみてください。

⇒ 脂漏性皮膚炎 完治のための治療のポイントは3つ

円形脱毛症や脂漏性皮膚炎は若い人でも発症しますし、適切な治療を受けないと症状が悪化してくこともあります。まずは皮膚科へ行くなどして医師の診断を受けましょう。

 

10代では可能性が非常に低いですが、他の病気が影響していることもあります。確認してみて気になることがあれば内科を受診してみましょう。

⇒ 脱毛症状が現れる様々な病気まとめ 大量の抜け毛は別の病気の症状かもしれません

 

若いうちから対策をすることで、将来のAGA発症リスクを減らせます

確率的には10代のうちはAGAによる薄毛の心配をする必要はほとんどありません。育毛剤やサプリメントを買ったりする必要もありません。

大切なお金は勉強やデートやいろいろな経験のために使う方が将来の自分の資産なると思います。

育毛剤を買うなら市販の安い医薬部外品の育毛剤で十分です。

amazonなら880円で購入できるサクセスでいいと思います。薬局で買うより安いです。医薬部外品の育毛剤には発毛効果はありませんが、頭皮環境を清潔に保つので、フケ、かゆみ、臭いなどの防止し育毛環境を整えるには良い商品だと思います。

医薬部外品の育毛剤の中には1本5000円以上する高価なものがありますが、値段が高いだけで効果が高いとは限りませんので誇大広告に騙されないように注意してください。

success 育毛トニック

⇒ サクセス 薬用育毛トニック 無香料 180g

 

10代から20代前半の方に知っておいて頂きたいのは、もし現在、間違った洗髪や偏った食生活をしており、20代中盤や30代になってもそれを続けていると将来薄毛になるリスクは格段に高まるということです。

10代のうちは薄毛の心配は全く要りませんが、20代、30代となると話は別です。AGAが発症する原因は25%が遺伝ですが、75%は生活習慣だと言われています。

若いうちから正しい育毛の知識や健康に良い生活習慣を身につけることで、将来のAGA発症リスクを低下させることができます。

⇒ 薄毛と生活習慣 日々の生活を見直して育毛環境を整えましょう

⇒ シャンプーは成分表示欄を読んで選ぼう!!

 

安心してください。生えてますよ。

ここまで20代前後の人のための薄毛について書いてきましたが、10代~20代前半の人の薄毛の悩みはほとんどの場合ただの思い込みです。

ハゲることに恐怖して冷静さを失い、前よりも抜け毛が増えた気がするとか、1年前より生え際が後退している気がするなど、強く思い込んでいる人がよくいます。第三者から見れば全く問題ないことは明らかでも本人はまるで何かの信者のように他人の意見に聞く耳をもたないことがあります。

一番長い付き合いである家族に昔と比べて薄くなったかを聞く、友達に聞く、AGAクリニックの無料カウンセリングで専門医に聞くなど、第三者の意見をまずは素直に聞いてみましょう。そして自分でも頭部の写真を何枚も撮って、1か月後にまた撮って比べるなどしてみましょう。その上で薄毛が進行しているのか、全く変わらないのかを判断すべきです。10代~20歳でAGAを発症することはまずありません。

おでこが生まれつき広くても禿ているわけではありませんし、AGAを発症しやすいわけでもありません。ただ単におでこが広いという個性を持っているだけです。おでこが広いと明るい印象になるので人に好かれるので良い人間関係を作りやすくなります。実は本人が気づかないうちに得してることも多いのです。

つむじ付近は誰でも髪が薄い部分なので、多少透けて見えるような気がしても何も問題ありません。太陽の光の下で同年代の人のつむじと自分のを見比べてください。大した差はないことに気づくと思います。AGAを発症するとつむじだけでなく前髪の生え際からも薄くなります。女性の場合は分け目など全体的に地肌が透けるようになります。

生まれつき髪が細い人も、元々の髪質なので気にする必要はありません。例えば、生まれつき白人は日本人の半分の髪の太さだったりします。人種によっても髪の太さは大きく違いますので、多少髪が細くても個性のひとつです。柔らかい髪質の人は優しい印象になりますので異性からは好印象を持たれます。

抜け毛の数が多く感じても10代ならそんなに心配はいりません。人は1日に60~100本もの毛髪が抜け落ちます。特に秋など季節の変わり目には抜け毛が増える傾向があります。洗髪すると数十本が抜けるように人の体はできてます。普段気付かないだけで抜けたのと同じ本数だけちゃんと生えてきています。AGAを発症すると1日に200本とか300本とか明らかに大量の毛が抜けます。1度のシャンプーで100本くらい抜けたり、朝起きると枕に10本以上抜け毛が落ちていたり、髪のコシが弱くなったりと、多少の抜け毛の増加では済まなくなります。

実は若ければ若いほど髪の毛の心配をしてしまうということが統計上分かっています。

AGAクリニックで治療を受けている人を年齢別の割合でみると20代の男性、30代の男性、40代の男性が平均でそれぞれ約30%ずつですが、AGAの発症率でみると20代は約6%しかありません。40代男性のAGA発症率は約30%です。

つまり20代の男性は40代の男性の5倍も薄毛を気にする人が多いということです。若ければ若いほど薄毛を気にしやすいメンタルになっているわけです。これは異性の視線を気にしていたり、同世代のフサフサの人たちと自分を比較して劣等感を感じているためです。40代になると同世代の3割はハゲているし、女性にモテたいという気持ちも薄れていくし、仕事や家庭など別のもっと大切なことで頭がいっぱいなので若い頃ほどには気にならなくなります。

本当に薄毛になっている場合を除いて、気にし過ぎは逆に心身にとってよくありません。

まずはしっかりと客観視してみましょう。

客観視するためには自分で判断するのではなく、友達や家族など信頼できる人に相談してみたりしてください。一番良いのはAGAクリニックの無料カウンセリングで医師に診断してもらうことです。薄毛の人を何千人と診察してきたプロの目で客観的に判断してもらえますので一番正確な答えが返ってきます。

⇒ AGAクリニック検索 東京・横浜編

⇒ AGAクリニック・病院選び 大阪・京都・神戸編

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。