ノンシリコンシャンプーは髪が痛んで、ごわつきが酷くなる?

シリコン? 何それ?

 

「シリコンが入っているシャンプーは髪に悪い」

「シリコンは毛穴につまりやすく、育毛を妨げる」

「ノンシリコンシャンプーは髪に良い」

こんな話を耳にしたことはありませんか?

ノンシリコンシャンプーを選んで使っている方は、たぶんこのような話を見聞きして、髪に良いものだと思って購入したのだと思います。

しかし実際に使ってみると、「髪がごわごわになった」「ギシギシバサバサの乾燥した髪になった」「べたつきが酷い」などノンシリコンシャンプーを使い始めてからトラブルが起きたという人が非常に多いです。

実は、ノンシリコンシャンプーが髪や頭皮に良いという話はほとんどが嘘です。

しかし美容師さんや一部のシャンプーメーカーなどの『専門家』からは今でも「シリコンは髪に悪い」と聞くことがあります。

なぜこのようなことが起こっているのでしょうか?

 

この記事では、美容師さんたちに言われているようにシリコンが髪に悪いのか、ノンシリコンシャンプーが本当に髪に良いのか、

真実のお話をします。

 

シリコンとは

シリコンとはそもそも一体何なのでしょうか。

化学的にいうと、酸素(O)とケイ素(Si)と有機基から構成されている有機化合物です。ヘアケア製品に使われるシリコンは、正式にはシリコーンと呼びます。

シャンプーなどに入っているシリコーンの成分名は、ジメチルシリコーン(ジメチルポリシロキサン)、ポリエーテル変性シリコーン、アミノ変性シリコーンなどです。商品パッケージなどに記載されている成分表示欄では、ジメチコン○○、△△シロキサン、シクロメチコン、シリカ○○という名称になっています。

シリコンの特徴は、柔軟性が高い、物の表面に広がりやすい、熱や光に影響を受けにくい、水に反応しにくい、気体や湿気を通しにくい、などがあります。

シャンプーやリンスなどのヘアケア用品にシリコンを混ぜると、すすぎや仕上がり感が良くなる効果が得られます。髪がからまりにくくなってまとまり感がでたり、摩擦が起きにくいので髪が痛まなくなるなど髪の毛を美しく保つことができます。

シリコーンの効果を一言でいうなら、髪の毛がサラサラになることです。

シリコーンが髪の毛の表面に皮膜を作ってコーティングすることでサラサラの指通りの良い髪になります。

洗浄力の強いシャンプー成分(高級アルコール系や石鹸系)を使うとどうしても髪の毛がきしみます。そこでシリコーンを配合することによってきしみを緩和させることができるのです。また、リンス、コンディショナー、トリートメントにはシリコーンが入っていることがほとんどです。

 

ちなみにヘアケア製品に使われるシリコーンは、半導体として使われるシリコンや、豊胸手術に使われるシリコンとは全くの別物です。

 

シリコンは悪影響があるのか?

結論から言うと、シリコーンは頭皮や髪の毛に悪影響を与えません。

 

よく言われる「シリコンは毛穴につまる」という話ですが、そんなことは起こりません。

花王、ユニリーバ、薄毛治療専門病院などではシリコーンが毛穴につまることはないと断言しています。

1ヶ月以上連続使用した地肌の毛穴に、シリコーンがつまる兆候は見られません。また、シリコーンの配合量や残留量、皮脂となじまず髪表面に薄く広がりやすいというシリコーンの性質からも、毛穴につまりを起こすとは考えられません。

引用元:花王株式会社

シリコーンは地肌に蓄積しにくいので、毛穴を詰まらせることはありません。
毛穴を詰まらせるのは皮脂や古い角質ですので、毎日しっかり洗い、よくすすぐことが大切です。

引用元:ユニリーバ・ジャパン

網目状であるシリコンが毛穴に詰まることは医学的観点からはあり得ないことです

引用元:聖心美容クリニック

 

「シリコン入りのヘアケア商品を使っているとヘアカラーやパーマがかかりにくくなる」という話も美容師さんから聞くことがありますが、これもデタラメです。

ダメージ毛・健常毛の双方に対し、シリコーン配合油剤、ノンシリコーン油剤で処理したのちに、パーマのかかりやヘアカラーの染まりを調べた結果、シリコーン配合有無によるパーマ・ヘアカラーの効果の違いは見られませんでした。

引用元:花王株式会社

 

「シリコンはコンディショナーなどの浸透を妨げる」という話も嘘です。

シリコーンは、洗髪中など、水のある状態では、球状の油滴として髪の表面にあるため、過剰な量でなければ、他の成分の毛髪への浸透を妨げません。

引用元:花王株式会社

洗髪中など髪が濡れている状態では、シリコーンはとても小さな球状で、
まばらに髪の表面に存在している程度です。
シリコーンの有無にかかわらず、髪に浸透する性質のある成分は、
ちゃんと浸透します。

引用元:ユニリーバ・ジャパン

 

さらには「シリコンは薄毛の原因になる」とまで言う人がいますが、これもやはり嘘です。

ヘアケア製品に含まれるシリコーンは髪や頭皮に負担を与えにくい成分なので原因とはなりません。

引用元:ユニリーバ・ジャパン

 

巷でよく言われているシリコンの悪い噂は、全部ウソということですね。

むしろ安全性が高い成分なので、肌に直接塗るクリームやUVケア製品にも使われています。

 

嘘ばっかじゃん!!

なぜ嘘が広まったのか?

これには諸説ありますが、一説には後発のシャンプーメーカーが自社製品を売り込むために流したデマだと言われています。

どういうことかというと、ベストセラーのシャンプーを作っているメーカーはほとんどが大手企業です。知名度が高く、信頼性も厚く、生産コストも安いので低価格で商品を売り出しています。

そのマーケットに後発組のメーカーが挑もうとするときに、何を考えるか?

自社製品が大手企業の製品とは異なる良い点があることを強調して売り込みをかけたいと考えます。

そのひとつの方法として、「シリコーンは髪に悪影響を与える成分だ」「我が社のノンシリコンシャンプーは安全だ」というデマを流したのです。

後発組のシャンプーメーカーはドラッグストアなどの一般的な店頭では価格と知名度で大手に太刀打ちできません。

そこで「高級品」「安全性が高い」などの理由で売り込める美容室に積極的な営業をかけました。美容師さんたちに「シリコンは悪い成分」だと宣伝しまくったので、化学に詳しくない美容師さんたちはその話をそのまま信じてしまい、お客さんにそのまま伝えてしまったのです。そして世の中にウソ話が真実かのように広く浸透してしまったのです。

またノンシリコンシャンプーであっても、洗浄力の強い界面活性剤が使われていることがあるので、全てのノンシリコンシャンプーが髪に優しいわけではないのです。またそのようなノンシリコンシャンプーを使うと髪が非常にきしみます。

ノンシリコンを売りにしているシャンプーでも、同じシリーズのリンスやトリートメントにはシリコーンが入っていることが非常に多いです。きしみを改善するためでしょうけど、もうコンセプトがめちゃくちゃですね。売れれば何でもいいのでしょう。

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーどちらがいいのか?

どちらがいいのかは特に気にする必要がありません。

シリコーン自体は無害なものです。シャンプーに入っていても問題ありません。

しかし絶対に必要な成分というわけでもありません。シリコーンが入っていなくても、シャンプー成分が優しいもので肌質と合っていれば、髪の毛は痛まないし、指通りもなめらかになります。

シリコーンのことは気にせず、洗浄成分が自分の肌に適したものが使われているかなど他の点に注目しましょう

 

 

(関連記事)

⇒ シャンプーは成分表示欄を読んで選ぼう!!

⇒ 薬用シャンプーの効果 フケとかゆみを改善!!

⇒ 育毛シャンプーを使っても薄毛は治らない!?

⇒ スカルプシャンプーで頭皮ケア 

⇒ 髪がすぐに乾き、艶々になるドライヤー

 

(参考リンク)

花王株式会社 ヘアケアサイト

ユニリーバジャパン ヘアケア&アドバイス

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。