AGA体験記3 プロペシアを服用後1か月が経過しました

プロペシア 1か月分使用済み

 

1か月前にアイドラッグストアーを通じてプロペシアを購入してから1か月が経ちました。(前回の記事)

毎日プロペシアを1錠服用し続けた結果どうなったかを報告します。

服用した時間帯は毎朝起きてすぐでした。1日の始まりはプロペシアを1錠飲んでからという感じの1か月でした(笑)

 

1か月前の私の頭髪はこんな感じでした。プロペシア使用前の写真ですね。

プロペシア使用前のコメカミ

プロペシア使用前のつむじ

 

一見すると、AGAとは無縁のように見えますね。

しかしこれはロゲイン(ミノキシジル配合の外用薬)を使用して回復しているだけで、過去記事に書いたようにすでにAGAは発症してしまっています。(詳しくはAGA体験談1)

ミノキシジルは発毛効果が非常に高い医薬品なので、私の薄くなった毛髪を元通りに回復してくれました。副作用も出ませんでした。AGAが発症してすぐに治療を開始したことが発毛に成功した鍵だったと思います。AGAは放っておくとどんどん進行するうえに医薬品も効きにくくなってしまいますので。早く決断して治療したことは「よくやった俺!!」と自分で自分を褒めてあげたいです(笑)

しかし、ミノキシジルにも問題点があります。

ミノキシジルはずっと使い続けていると体の方が慣れてしまって発毛効果が徐々に落ちていくのです。

副作用も出ていないし効果もあげているミノキシジルだけで髪を維持したい気持ちは山々なのですが、効果が落ちてしまう前にミノキシジル外用薬の使用はできるだけ控えて、プロペシア(フィナステリド配合の内服薬)の服用に変えていこうと決めました。プロペシアは何年使い続けても効果が落ちることはほとんどありませんし、薄毛の進行(脱毛や軟毛化)を止める効果が非常に高い医薬品です。

すでに薄毛症状がかなり進行してしまっている場合や、まだ回復途上の場合はミノキシジルとフィナステリドを両方使うのが最も効果的な薄毛治療法ですが、私の場合は運良くミノキシジルだけで完全に回復できました。今後は今の毛量を維持できれば十分ですから、AGAの進行を止める効果があるプロペシアの出番というわけです。

 

実はプロペシアだけの服用を1か月間続けたわけではなくて、今まで使っていてまだ少し残っていたロゲインも1日1回の塗布で、2週間くらい使っています。捨てるのはもったいないですからね(笑)

実際にロゲインとプロペシアを両方使ってみて感じたのは、毎日ロゲインをスポイトでちょいちょいと頭全体に塗布するより、プロペシアを水で1錠飲むだけの方が楽ということ。時間的にも手間という意味でも圧倒的に楽ですね。錠剤も非常に小さいので飲みにくさが全くないです。

 

で、実際の効果の方ですが、今はどうなったかというと…

プロペシア使用後1か月のコメカミ

プロペシア使用後1か月のつむじ

 

ほとんど変化なし(笑)

まあ当たり前ですよね。フィナステリドの発毛効果は大きくはないし、そもそもたった1か月では目に見える効果は出ないです。効果が実感できるようになるまでには早い人でも最低3か月はかかります。それに私の毛髪はすでに完全回復している状態なので、これ以上増えることはないでしょう。プロペシアの使用で今の毛量を維持できれば大成功&大満足です。

ただこれは気のせいかもしれませんが、髪の根元が少しコシが出た気がしています。強くなったというか、髪の立ちがよくなったというか。ただの思い込みかもしれませんけどね。

抜け毛の本数は今まで通りで増えていません。

薄毛が進行している兆候は全くないので、最初の1か月間の効果としては合格点という感じですかね。

 

副作用や体調の変化についてですが、そういう問題も全く起きていません。健康そのものです。

プロペシアの副作用は、肝臓機能障害やポストフィナステリド症候群などが挙げられますが、これらの副作用が起こることは確率的に極めて稀です。肝臓が弱い人は気をつけるべきですが、ポストフィナステリド症候群は私の個人的な考えでは起きないものだと思っています。統計的な根拠を無視していたずらに副作用を恐れている人やマイナス思考の人が過剰に不安になりまくった結果として勃たなくなるのだと思います。男性の性機能は精神的な影響をモロに受けますからね。性行為中に母親の顔を思い浮かべたら誰でも萎えますよね(笑) 一気にやる気ゼロになります。同じように副作用が出るかもしれないなどと過度に心配していると、その弱気な精神に身体が反応してしまうのでしょう。いろいろと調べてみましたがポストフィナステリド症候群がフィナステリドが原因で起こるとは論理的に考えにくいです。(フィナステリドの副作用の詳細はこちら)

 

プロペシアの服用中で一番気をつけたことは、嫁さんが触らないようにすることでした。

フィナステリドは、錠剤から出たほんの僅かな粉末が空気に乗って女性の体に入ったり、女性が錠剤を触るだけでも危険性があると言われています。錠剤はコーティングされているのでそのようなことが起きる危険性は低いのですが、念のため気をつけるべきだと考えました。嫁さんにもプロペシアは女性にとっては危険がある医薬品だと伝えて理解してもらい、触らないように予め注意を促しました。それでも嫁さんがうっかり触ることのないように、自分のクローゼットの引き出しの中にしまっています。

特にこれから子供を作りたい女性や授乳中の女性が身近にいる人は気をつけなければいけませんね。

 

 

と、まあこんな感じで最初の1か月は順調に終わりました。

また2か月目、3か月目とこのサイトで報告していきたいと思います。

 

私と同じように薄毛の心配をしている友人に、プロペシアを服用し始めたことを話したら、「でもプロペシアってお高いんでしょう?」とテレビの通販番組の口調で言われました。私が「個人輸入で一か月5,000円くらい」と答えると、「やっぱりそこそこするね」「もうハゲたら潔く諦めて坊主にしようかな」と友人は言っていました。

確かに収入によっては毎月5,000円は痛い出費です。

プロペシアとほとんど同じ成分のフィンペシアというフィナステリド製剤があるのですが、フィンペシアはアイドラッグストアーで買えば、150錠で3,470円です。(2016年6月9日現在)

圧倒的な低コスト!!

1か月あたりで考えると700円程度なので、市販の医薬部外品の1000円くらいの育毛剤よりも安いです。5000円以上するような誇大広告しまくりのネット通販の育毛剤なんて買う気が起きませんね(笑) 友人にも教えたら「それくらいなら安いね」と笑顔でした。

私も貧乏なので費用はできるだけ抑えたいです。このまま3か月~半年ほどプロペシアを飲んで「ちゃんと効果が出るのか・副作用が起きないか」が確認できたら、フィンペシアに変えてみたいと思っています。プロペシアとほとんど同じ成分と言っても違う薬だという認識をちゃんと持って、念のためフィンペシアについても効果があるのか副作用が出ないかを慎重に検証しなければいけませんけどね。

 

(関連記事)

⇒ 私がアイドラッグストアーで購入する理由

⇒ AGA体験記1 発症編

 AGA体験記2 プロペシア、我が家に到着

⇒ AGA体験記5 プロペシアのみで発毛した? 3か月点検

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。