AGAクリニックのメリットとデメリット。良い病院の選び方。

円グラフを描く男性医師

自分の薄毛の原因がAGAだと判断できたら、いよいよ薄毛治療の開始です。

AGA治療を行う方法には2つの選択肢があります。

① AGAクリニックで治療する

② 自分で治療する

AGAは医学の力で治せる時代です。そのためにはAGAクリニックへ行って治療をするのが一番確実な方法です。

AGAクリニックとは、男性型脱毛症(AGA)治療に特化した薄毛治療の専門病院です。AGA治療の専門医が患者の症状、体質、年齢などを診て一番効果的な治療法を提案してくれます。AGA治療薬の他、様々な薄毛治療法を選択することもできます。また、あらゆる相談にも乗ってくれますので薄毛の不安や治療の不安にも医学的知識と豊富な経験から答えてくれます。精神的に安心して治療に望めます。

一方、自分で治療するとなるとかなり大変です。「できるだけ自分でなんとかしたい」「AGAクリニックへ行くのは最後の手段」という人がけっこう多いのですが、自分で薄毛治療を行うには正しい専門知識を独学で勉強しなければなりませんし、AGA治療薬を購入するために個人輸入をしなければなりません。タチの悪い個人輸入代行業者を使うと偽造品を買わされることもあります。副作用が出ても自分で対応しなければなりません。そして、どんな酷い目に遭っても全て自己責任です。個人輸入代行業者が責任を負うことは法律上ありません。利点は費用が安く済むことですが、手間やリスクは大きいです。

私が他人に勧めるなら必ずAGAクリニックでの治療を勧めます。

しかし、どうしても金銭面でキツイので安く済ませたいという方もいると思います。その場合は、一旦AGAクリニックに行って医師と相談しながら治療を進めてみて、自分に適している治療法が分かったら、その後、信頼できそうな個人輸入代行業者を探して安く医薬品を手に入れるという方法もあります。

 

AGAクリニックの一般的な治療

AGAクリニックは病院なので医療行為を行うことが法律で許されています。民間のヘアサロンや個人が独力で行う治療とは決定的に違うのがこの点です。医師の処方が必要なAGA治療薬が使えますし、成長因子を注入する治療や植毛など薄毛改善効果の高い高度な医療を受けられるのはAGAクリニックだけです。

AGAクリニックでの薄毛治療は以下のような流れになっています。

無料のカウンセリングで医師、毛髪診断士、専門スタッフが薄毛の悩みや頭皮の状態を確認します。その上で、どんな治療ができるのか、費用はどのくらいかかるのかなど、様々な説明がされます。無料カウンセリングの説明を受けた患者さんがこの病院で治療をしようと決めたら、医師の出番です。問診から始まり、マイクロスコープで患部を確認、治療方針の決定、後で治療の成果を確かめるために頭部の写真撮影をします。

必要な場合は様々なメディカルチェック、血液検査や遺伝子検査も行えるAGAクリニックがほとんどですが、一般の皮膚科だとそういった検査を受けられるところが少ないです。

AGAだと診断されたら、治療法は基本的にフィナステリドやミノキシジルの内服薬、外用薬によるものとなります。

オリジナル治療薬と言って病院が独自にフィナステリドとミノキシジルなどを配合した薬を処方している病院も多いです。どの病院もオリジナルというネーミングをしてはいますが、ほとんどの病院で海外製のフィナステリドのジェネリック医薬品とミノキシジルタブレットの錠剤を混ぜた薬を処方しています。その他にはデュタステリドという薬や栄養剤などを配合していることもあります。配合量が病院によって異なりますが、基本的な成分はどの病院でも似たようなものです。

病院によっては髪の成長を助けるためにサプリメントを処方することもよくあります。

薄毛を止める効果があるとしてニゾラール(ケトコナゾール)シャンプーという医薬品のシャンプーを販売している病院もあります。AGAに効果があるとされているシャンプーですが、一般の薬局などでは販売されていません。

状態が改善しなかったり、より大きな効果を患者が求めたときには、成長因子と呼ばれ発毛効果が高いとされる成分を頭皮に直接注射をしたり(メソセラピーやHARG療法)、植毛をするなどといった方法も選択できます。これはAGAクリニック以外の病院では受けられない専門的な治療です。

 

病院で治療することのメリット

①医師の客観的判断の元で効果的な治療を行うことができる

なんと言ってもこれです。自分の薄毛の状態がどの程度のものか客観的に判断をしてくれますし、症状、体質、年齢に見合った適切な治療法を提案してくれます。

特にAGA治療薬の薄毛改善率は98%という臨床データがあり、非常に高い効果が期待できます。AGA治療薬の他にも、メソセラピー、HARG療法、自毛植毛、メディカルSMPなど病院でしか行えない効果的な治療が受けられるのが最大のメリットですね。

血液検査や遺伝子検査などをして薬の効き易さや副作用の出やすさなどの体質を調べることもできます。

特に強力な発毛力がある反面副作用が強いミノキシジルの内服薬を処方してもらいたい時には、必要なメディカルチェックを受けて、服用しても問題ない体質・健康状態なのか医師の判断を仰ぐことが重要です。

薄毛を本気で治したい、発毛させたいと望むなら、AGAクリニックで治療を受けるのがもっとも効果的で安全です。

 

②別の病気を医師が気付いてくれたり、生活習慣の改善のアドバイスをもらえることもある

AGAと併発している脂漏性皮膚炎生活習慣病などの症状に医師が気付いてくれるなど、別の病気を発見してくれることもあります。

他の病気が合併している場合は素人ではなかなか気付けないですが、それを直ちに発見できるのは経験豊富な専門家しかいませんね。

また、問診で抜け毛が増える原因になるような生活習慣の乱れが発見されれば、それを改善する適切なアドバイスももらえます。喫煙睡眠食べ物などは頭皮環境に大きな影響がありますからね。

医師に総合的な健康状態を診てもらえることは非常に大きなメリットです。

 

③専門医に相談することで精神的な安堵感を得られる

行ってみて初めて意外と大きなメリットだと気付くのは、安心感を得られることです。

専門医に相談し適切な説明を受けることで、薄毛の進行やAGA治療に対する不安感はかなり和らぎます。

AGAクリニックで治療している患者さんの多くが言うのは、「薄毛の悩みは真剣に話せる相手がいないので、親身になって聞いてもらえると安心する」と口々に言います。AGAクリニックの医師もAGAを発症してプロペシアを飲んでいる人が多いので、そういった医師は特に患者の気持ちを理解してくれます。

AGA治療は長期間に渡って継続するものですし、信頼して相談できる相手がいることはメンタルにとって非常に良い効果があります。ストレスが肩から降りて前向きになれます。

治療中に困ったことや疑問があればどんどん医師に質問をぶつけましょう。良い医師ならば親身になって相談に乗ってもらえます。髪形の相談まで乗ってくれる医師もいますよ。

 

 

お金のない禿げたサラリーマン

病院で治療することのデメリット

①AGA治療は保険適用外なので、治療費が高くなる

やはり経済的な面が一番のデメリットですね。特別な高額治療を受けなくても医療費が月に3万円以上かかる病院がたくさんあります。

AGA治療薬は毛髪を維持するために長期間継続して服用することになりますので、トータルで見ると大きな出費になります。

病院で処方されるプロペシアの平均的な価格が一ヶ月8000円、ロゲイン5%が一ヶ月7000円とすると、合計で月に15000円の費用がかかります。1年間で18万、10年間治療を続けると180万円になります。オリジナル治療薬の値段は3万円以上することもあるのでその場合は10年間で360万円以上になります。さらにサプリメント、シャンプーなどを購入したら、どんどん費用は膨らみます。

サラリーマンの平均年収が400万円と言われている中で、発毛治療に1年間で30~40万円の出費はお財布に優しくないですね。費用がストレスとなり抜け毛が増えたなんてことになったら本末転倒です(笑)

薄毛になっても命に関わることはないし、そもそも薄毛を気にしない人にとっては病気でも何でもありません。高齢化社会で莫大な医療費が国庫を圧迫している現状を考えれば、今後もAGA治療が保険適用になる可能性は低いでしょう。ある程度の出費は覚悟するしかありません。

またAGA治療は医療費控除の対象にもなっていません。ただし、他の疾患と合併した結果AGA治療も同時に受ける場合は控除の対象になる可能性があります。詳しくは病院や税務署に確認してみると良いでしょう。

ただ、比較的良心的な価格でAGA治療薬を処方している病院もあります。フィナステリドとミノキシジル外用薬だけなら1万円ちょっとで済みます。

また、薄毛のコンプレックスがなくなり、「人の目が気にならなくなる」「髪型も好きに変えられる」「自分に自信を持てる」「髪が濡れても怖くない」「海もプールも温泉も行ける」など楽しい未来が来ることを思えば、この程度の出費は安いものだなと私は思いますが、みなさんはどうでしょうか?

 

②通院に時間がかかる。または近くに専門病院がない。

地方によっては近所に良い病院がないことで、通院に往復何時間もかかることがあります。

通院期間は、半年で少なくとも2~3回通う必要があります。

普通は月に1度、1年間くらいの通院という方が多いです。

 

③医師によって当り外れががある

これは医師も人なので仕方ないですね。使えないサラリーマンがいるように使えない医師もいます。患者の期待と現実の差が大きいのが医師という職業なのかもしれません。

説明不足だったり、コミュニケーション能力が著しく低かったり。一部には金儲け第一主義の人もいます。どの診療科でも病院に行って気分を害して帰ってきたという話はよく聞きますね。

またミノキシジルの内服薬を処方する際に、副作用の強さについて説明をしなかったり、体質的に副作用が起きやすいかを調べる検査をしない医師もいます。ミノキシジルの内服薬は非常に高い発毛効果がありますが、副作用も強いので取り扱う際は非常に慎重にならなければいけません。しかし、患者の身体のことを考えず、発毛させればいいんだろというスタンスで手を抜いた仕事をする医者がいるのです。こういう人は医師免許を取り上げたいくらいのクズ医者なので、患者としてはそのままちゃぶ台をひっくり返して怒って帰ってもいいです。

実際に、私の親友がこのような医師の被害に遭っています。親友はAGAクリニックに行ってオリジナル薬を処方されたのですが、その際にこのオリジナル薬にはプロペシアなどに使われている有効成分が入っていますとだけ説明を受けたそうです。それを聞いた親友は医師の言葉通りオリジナル薬にはプロペシアが入っていると思っていたそうですが、服用を始めると副作用で全身の多毛化が起こりました。プロペシアの副作用では全身の多毛化は起こりませんので、おそらくオリジナル薬にミノキシジルタブレットというミノキシジルの内服薬が混ぜてあったのだと思います。親友は私にその話しをするまでプロペシアの副作用で多毛化が起きたのだとずっと思っていました。ミノキシジルタブレットは血圧にも影響が出る薬なので、運が悪ければもっと酷い副作用が出ていたかもしれません。本当にひどい話です。

実際にはこのような医師は少ないと思いますし、逆に尊敬に値する素晴らしい見識と高いモラルを持った医師もいらっしゃいます。

無料カウンセリングで医師やカウンセラーの話を聞いて、良い病院かどうかを自分の目で確かめましょう。インターネットの口コミや評判を読んでも、主観や宣伝で書かれたものばかりなので参考になりません。実際に行って自分で確かめるのが一番確実です。無料カウンセリングなら交通費以外にかかるお金はないですしね。

 

 

AGAクリニックの選び方

①医療費がホームページに記載されているかを確認しよう

AGAクリニックを選ぶ際には、病院の公式サイトを参考にするのが一番良いです。

良心的な病院であれば、患者の負担額がいくらになるのかが明確に記載されています。逆に各医薬品の価格が明確に記載されていない病院はあまり信用できません。

診療が終わった後で「え?嘘? こんなにお金がかかるの?」なんてことになったら困りますよね。

通常AGAクリニックでの1回の医療費は1万円以上します。

たとえば、1万円以上の買い物をするときに値段を見ないで買うことはありませんよね? お金持ちの人はいいですが、私のような庶民は値札をしっかりと確認してから買います。

それと同じで、合計で1万円以上もかかる医療費は事前に患者が確認できるようにしておくべきです。病院でのAGA治療は基本的に医薬品の処方と簡単な検査程度なので記載できないはすはありません。何十万~百万円もするような高額な治療法もありますが、それこそ患者にとって大きな負担になるので明示すべきです。

それらをホームページに記載することは何も難しいことではないので、記載がなければ「私達は患者の負担額のことなど考えていない手を抜いた仕事をしている病院です」と自ら言っているようなものです。患者が何を知りたいのかを分かっていない病院ということなので、患者の立場に立てない病院で治療を受けても良いサービスが受けられる可能性は低いでしょう。

まずは治療費が明確になっているかを病院のサイトを読んで確かめましょう。

 

②医療費が他の病院とどのくらい差があるのかを比べてみよう

治療内容が同じでも費用は病院によってかなり差があります。

診療代、お薬代、サプリメントなどのトータルで2倍くらい差が開くこともあります。

患者の立場からすれば同じ治療ならどこの病院でも同じ費用にしてもらいたいですが、AGA治療の場合は自由診療で病院ごとに独自に診療報酬を決めることができるので仕方ありません。

治療内容と費用を比べてみて、よりリーズナブルな病院を選んで賢い消費者になりましょう。

 

③口コミをあてにしない

病院選びをする際に、評判の良い病院なのか、どんな口コミがあるのか、気になって調べる人も多いと思います。

普通の病院であればそれでいいですが、AGAクリニックの場合は口コミはほとんどあてになりません。

なぜならば、AGAクリニックの中にはステルスマーケティングをしている病院があったり、アフィリエイターが誇張して良い病院かのように書いている口コミが多いからです。ネット上にあるAGAクリニックの口コミは怪しいです。

そんな適当な情報を信じるよりも、無料カウンセリングに足を運んで自分の目で見て判断する方が断然確実です。

無料カウンセリングで、担当医がきちんとした説明をしているか、丁寧な言葉使いで患者目線の提案をしてくれるか、商売気を出していないかなどをチェックしましょう。

医者も病院スタッフも人です。信頼できるかどうかは、自分が実際に会ってみないと分かりません。

 

 

④皮膚科よりAGAクリニックを選ぼう

皮膚科医は皮膚の専門家ですが、AGAに関しては知識や経験が乏しいということもよくあります。

一方、AGAクリニックの専門医は薄毛治療に特化しているので、一般の皮膚科医よりも症例経験が豊富です。やはり経験豊富な方が症状に適した判断ができます。

薬が体質に合うかどうかの血液検査もAGAクリニックなら大抵どこでも行ってもらえますが、皮膚科の場合できないことも多いです。

多くの診療科を設けている病院より、AGA治療に特化した病院の方が医師のAGA治療に対する見識も高いと考えられます。

 

⑤自分が受けたい治療を専門としているクリニックを選ぼう

病院によって得意としている治療方法は異なります。

AGA治療薬を柱として治療を進めていく病院もあれば、メソセラピーを積極的に行いたい病院があったり、自毛植毛の経験が豊富な医師が在籍している病院もあります。女性の薄毛治療を専門に行っている病院もあります。

病院のホームページをいくつも見ていると、それぞれ病院の特色が見えてくるので、自分が受けたい治療を得意としている病院を選ぶようにしましょう。

費用を安く抑えたいなら投薬治療中心で医療費も安めのところを選ぶと良いでしょう。AGA治療は多くの場合投薬治療だけで十分な結果が出ます。

投薬治療をしてきたけど残念ながら効果が出なかった場合や、お金に糸目はつけず大きな効果を早く得たい場合などはメソセラピーや自毛植毛に強みを持っている病院を選ぶのも良い選択です。

 

⑥無料カウンセリングを利用しよう

ほとんどのAGAクリニックでカウンセリングだけなら無料で受けられます。

薄毛の状態がどの程度なのかを客観的に判断してもらうこともできますし、治療内容や費用についても詳しく尋ねることができます。自分の症状がAGAなのか分からない人や、病院での治療について詳しく聞きたい人は、とりあえず無料カウンセリングで話を聞いてみましょう。タダなので気軽に行けます(笑)

またここで病院スタッフの対応の良さなどもチェックできます。無理矢理高額な治療を勧められることは普通はありませんが、まれに押しの強い病院もあるようです。そのような悪どい病院を判別するには無料カウンセリングを受けてみるのが一番です。対応が悪ければ帰りましょう。

スタッフの対応が良く、治療内容や費用についても納得がいく説明を受けられたら、そのまま診療に入ると良いでしょう。

 

⑦薬はオリジナルのものではなく、フィナステリドとミノキシジルをそれぞれ処方してもらおう

多くのAGAクリニックではオリジナル薬として、フィナステリドとミノキシジルを混ぜた薬が用意されています。

しかし中身はただのフィナステリドとミノキシジルです。なぜわざわざ混ぜる必要があるのでしょうか?患者にとっては混ぜる必要は全くありません。

一方、病院側には混ぜて売りたい理由があります。

オリジナルと銘打って付加価値をつけ、ちょっと高めの値段設定をしたいというのが病院側の本音です。これは決してズルイことをしてるわけではなく、賢い商売人という感じですね(笑) 病院も高い医療機器や家賃などの経費を使い、看護師や病院スタッフに給料を支払って経営をしているわけですから、売上を上げなければ潰れてしまいます。

しかし私達患者にとっては逆に経済的不利益でしかないので、意味もなく高い薬であれば断れば良いのです。

投薬治療を望んでいるならフィナステリドとミノキシジルのジェネリック医薬品を処方してくださいと伝えましょう。一番コスパ(費用対効果)がいいです。

もちろん医師の説明を受けてオリジナル薬が自分には合っていそうだなと思えば、それを処方してもらっても何の問題もありません。

 

 

 

最後にお勧めのAGAクリニックを紹介します。

横浜にある『ヨコ美クリニック』です。

どうしてヨコ美クリニックなのかというと、いくつも患者にとって好感できる点があるからです。

①ヨコ美クリニックは自毛植毛の名医である今川院長が全ての患者さんの問診から治療、アフターケアまで担当します。

今川院長は年間に約500~600症例もの植毛を行っている世界でも屈指の名医です。

AGA治療薬による治療も受けられます。

④料金がリーズナブルです。植毛も他院と比べて高くはありませんし、AGA治療薬も私が知る限りでは最安値で提供されています。

⑤ホームページが充実していて植毛や治療について知りたいことが全てわかります。また質問コーナーでは今川院長が自ら答えていて、患者さんの目線に立って頂ける、謙虚で医療に誠実な人柄が伝わってきます。

⑥もちろんカウンセリングは無料です。医師免許を持たないスタッフなどではなく、今川院長にカウンセリングをして頂けます。無料で名医と話せるだけでも行く価値があると思います。

あらゆる面で理想的な病院だと思います。横浜・東京近辺にお住まいの方は名医のいる病院で治療を受けてみましょう。遠方の方でも植毛を行うなら横浜まで来ても良いと思います。費用がリーズナブルなので、手術のために横浜まで来て1泊してもまだお釣りがくると思います。

⇒ 自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

 

 

良い病院を探すのは本当に苦労しますが、地方でも中核都市ならば1つや2つは見つかると思いますので、できるだけ多くの病院を比較・検討してみましょう。

東京や横浜など首都圏エリアにある薄毛治療の専門病院をピックアップした記事を書いてみました。

料金の安いところ、様々な治療法を選択できるところ、サービスのいいところ、自毛植毛専門、女性向けのクリニックなど、様々な特色を持った病院を一覧にしています。希望にあった病院を探してみてください。

⇒ AGAクリニック・病院選び 東京・横浜編

⇒ AGAクリニック・病院選び 大阪・京都・神戸編

 

 

(関連記事)

⇒ メディカルSMP 薄毛治療に新たな選択肢!!

⇒ 自毛植毛のメリットとデメリット 治療費、病院選びのポイントなど知りたい情報を全部公開

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。